メモ帳だけでも大丈夫!?ホームページを作ろう

メモ帳でHTMLとスタイルシートを書く

パソコンはOSをインストールしないと動作しません。しかし、OSをインストールしたからといってなんでもできるようになるわけではなく、凝ったゲームをしたかったり、電子書籍を読みたいという場合、さらにソフトウェアを入れる必要が出てきます。ただ、簡単な絵を描いたり、文章を書いたりできる最低限のアプリはOSに最初から備わっていて、OSだけでもある程度はパソコンを便利に使うことが可能です。
最低限のアプリの中には「メモ帳」と呼ばれるソフトがあります。これはエディタと呼ばれる種類のもので、文章を書くのに利用するものです。さらに、メモ帳を使ってHTMLやスタイルシートを書けば、ホームページを作ることも可能です。

よく使うタグを辞書登録しておこう

では、メモ帳でホームページを作るコツとしてはどのようなものが挙げられるでしょうか。まず、よく利用するHTMLのタグを辞書登録しておくといいでしょう。HTMLエディタと呼ばれるソフトの場合、ファンクションキーを押すと利用頻度の高いタグを入力できる機能があったりしますが、メモ帳は単なるエディタなのでそのような機能はありません。辞書登録をしておけば、ファンクションキーからの入力と同じように効率を上げることができます。
また、メモ帳で作ったHTMLファイルはブラウザで確認しましょう。高機能なホームページ作成ソフトであれば、HTMLを入力していくそばから、ブラウザではどう見えるのかをチェックできますが、メモ帳ではできません。